TEL:0897-55-3005
診療時間8:00~12:30/14:00~19:00 休診日 日・祝祭日 ※土曜日の診療は8:30~15:00となります。

愛媛県西条市の歯科医院。歯科・矯正歯科・口腔外科、歯周病 インプラント 審美歯科など

症例紹介

歯周病 矯正歯科 審美歯科 インプラント 症例紹介 Mobile Site
HOME»  症例紹介

インプラント症例

インプラント補綴

92年に行ったインプラント補綴の20年後

当院で92年に行ったインプラント補綴の20年後です、順調に現在も機能しています。
メインテナンスにより天然歯部分の修復物も管理されています。天然歯補綴についても20年、30年と変わらず機能する事を目標としています。

当院では20年以上インプラント治療を手がけています。そ20年前に行った治療も現在でも変わらず機能しています。作る技術と維持するケアの両方がなければ長期的安定は望めません。数十年に亘って通院頂いている患者様も多数いらっしゃいます。

抜歯後早期埋入インプラント

抜歯後早期埋入したインプラントの12年後

抜歯後早期埋入したインプラントの12年後です。インプラントの周りに新生骨が出来ています。
勿論、骨移植等はしていません。単純に埋めて、良く噛んでいただけです。適切に行えば得られる結果です。
早期埋入とは抜歯後4~16週の期間に埋入する手法で、確実性の高い方法として評価されています。

最近でこそ抜歯即時埋入インプラント、即時加重インプラントが話題となっていますが、当院では10年以上前から抜歯後早期埋入を行い良好な経過を得ています。しかし、抜歯即時埋入はリスクの高い治療法であることから、当院では早期埋入を推奨しています。即時埋入は特殊なケースで行うのみです。

ショートインプラント

ショートインプラント1ショートインプラント2 ショートインプラント3ショートインプラント4

ショートインプラントであっても上顎大臼歯部の機能を長期に亘り良好に回復維持する事が可能です。
ストローマンインプラントと総合歯学的アプローチの成果です。

一回法インプラント

一回法インプラント レントゲン(2001年)一回法インプラント 写真(2001年)

2001年に埋入した右下第二小臼歯部のインプラント です。(白矢印) 第一小臼歯は10年以上前に当院で行ったメタルボンド 冠ですが、2011年歯根破折のため抜歯となりました。 (黄矢印

一回法インプラント レントゲン(2012年)一回法インプラント 写真(2012年)

2012年第一小臼歯部は骨幅がない状態であったためロキソリッドインプラントとジルコニア補綴を行いました。(赤矢印) 同じ形態の一回法インプラントですが審美への対 応は10年間で確実に進歩しています。

インプラント審美

インプラント審美1 インプラント審美2 インプラント審美3

左右の側切歯(前から2番目の歯)の
先天性欠損にインプラントを用いました。
(事前に当院で矯正処置を行っています。)

右側は犬歯の形態修正にて対応左側は
インプラントにて修復しました。

低侵襲と審美・機能を両立させることも
多くの例で可能です。

IOD(インプラントオーバーデンチャー)

インプラントオーバーデンチャーのイメージ 義歯最低限必要なインプラント

低侵襲インプラントの一手法としてIOD(インプラントオーバーデンチャー)があります。
たくさんのインプラントを埋入するのでなくアンカーとして最低限必要なインプラントを少数埋入し、その上に義歯を装着する方法です。
下顎では2本、上顎では4本が基本的な考え方となります。インプラント部にはボール、ドルダーバー、ロケーターといったコネクターを装着し義歯を強固に固定します。当院ではロケーターを多く用いています。

ボール型のアバットメントを用いたIOD1 ボール型のアバットメントを用いたIOD2 ボール型のアバットメントを用いたIOD3

これはボール型のアバットメントを用いたIODです。
低侵襲で比較的安価に機能回復を図る事が出来、下顎の入れ歯が浮いて来ることがありません。

予後もメインテナンスの継続により安定しています。

審美歯科症例

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンの修復例です。矢印の歯が対照歯です。

治療前 治療中 ジルコニアクラウン
治療前 ⇒ 治療後

破折片を用いた審美回復

厳密には審美症例ではないかもしれませんが、外傷歯の修復もできるだけ既存の破折片を用いる事が審美回復につながると考えています。
この例では大きな破折片が残っていたため接着によって患者さんが望む良好な審美回復が行えました。

治療前 治療前 治療後
PageTop