TEL:0897-55-3005
診療時間8:00~12:30/14:00~19:00 休診日 日・祝祭日 ※土曜日の診療は8:30~15:00となります。

愛媛県西条市の歯科医院。歯科・矯正歯科・口腔外科、歯周病 インプラント 審美歯科など

インプラント

歯周病 矯正歯科 審美歯科 インプラント 症例紹介 Mobile Site
HOME»  インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療は失った歯の機能と審美を回復する大変優れた方法です。にもかかわらず、我が国では、現在、インプラント治療に対してネガティブ(マイナス思考)な面が強調され、報道されています。
これはインプラント治療が必ず手術を伴う医療であること、
そして、細分化された今日の歯科医療の中で口腔外科・補綴・歯周病・矯正といった総合歯学的な知識と技術を必要とする治療であることに起因します。
当院では、大学病院口腔外科で研鑽を積み30年近い臨床経験を持つ院長(プロフィールページ)が全ての処置・手術をトレーニングを積んだスタッフとともに担当致します。
コンセプトは「低侵襲・長期の安定的予後」です。

低侵襲インプラント

当院で行う低侵襲インプラントの特徴は、まず、手術が原則的には一回で済むという点です。(インプラントには1回法と2回法があり、ストローマンインプラントはその両方が可能なシステムですが、特に1回法については30年以上の歴史と実績を誇り、世界のトップブランドです。)手術には常にリスクが伴います。手術回数が少ないことは安全・安心にとって大きな利点です。
1回法でも2回法でもその結果に差のないことは学術的報告により証明されています。加えて当院ではショート(短い)インプラント、ナロー(細い)インプラントを用います。ショートインプラントの利点は骨の高さの少ない例にも応用できること、何より安全を確保し易い事です。神経・血管までの距離が短い例では、14㎜、16㎜といった長いインプラントでは危険です。

当院では8㎜、6㎜のインプラントを多用します。勿論成功率は長いインプラントと変わりません。骨の幅の狭い例にはナローインプラントを用います。細いインプラントを用いれば余計な骨造成術等を行わず済みますが通常のインプラントでは強度が足りず破折してしまう危険があります。当院ではチタンとジルコニアの合材であるロキソリッドインプラントを用いることにより破折のリスクを回避しています。ロキソリッドは欧米では数年前より販売され実績を上げていますが、厚労省未認可のためスイス・ストローマン本社より直接購入しています。しかし、高い審美性を望まれる方には骨・軟組織の移植を含む付加的な手術を行うこともあります。患者の皆様の御要望に応じて最適の方法をご提案いたします。

1回法は手術が一回で良く、予後管理も2回法インプラントに比べて有利であるが審美的に仕上げる際には不利となる場合がある。2回法はジョイント部が骨面近くに来るため、予後管理に注意を要するが審美的には上部構造体の自由度が1回法に比べて大きいため審美的には有利である。当院では症例に応じて、また、患者の皆様のニーズに応じて使用するインプラントを選択いたします。

ミニマルインターベンションインプラント

長いインプラントでは骨を突き抜けて神経や血管を損傷する危険性があるような例でも短いインプラントなら安全に埋入が可能です。長期的な予後についても一定の条件を満たすインプラントを正しい方法で埋入湯すれば、長いものと遜色のないことが世界的にも報告されています。当院では15年以上の実績があり、我が国トップレベルのショ-トインプラントの技術と良好な長期経過を報告しています。

ナローインプラント

チタン・ジルコニアのロキソリッドインプラントは、厚みのない細い顎にも付加的な手術なしで埋入する事が可能です。しかし、厚みが5㎜以下の場合は、ロキソリッドインプラントでも無理な場合があり、その場合は骨造成等の付加的な手術が必要となります。

ロキソリッドインプラントの強度

ロキソリッドインプラントは通常のインプラントの約1.5倍の強度を持つチタン・ジルコニアの合材です。表面はストローマン独自のSLアクティブと呼ばれる最新の表面性状を採用しています。SLアクティブは、従来から定評のあるストローマンインプラントのSLA表面よりも更に早く、強固に骨統合を達成できる表面性状です。ロキソリッドインプラントを用いることによって歯槽堤増大のための付加的な手術なしに機能、審美の回復が図れます。身体にも経済的にも患者さんに優しいインプラントです。

PageTop