TEL:0897-55-3005
診療時間8:00~12:30/14:00~19:00 休診日 日・祝祭日 ※土曜日の診療は8:30~15:00となります。

愛媛県西条市の歯科医院。歯科・矯正歯科・口腔外科、歯周病 インプラント 審美歯科など

審美歯科

歯周病 矯正歯科 審美歯科 インプラント 症例紹介 Mobile Site
HOME»  審美歯科

漂白と陶材焼き付け冠(メタルボンド)

前歯の変色は患者さん自身にとって大きな問題です。


  • 矢印の歯は既に仮歯になっています。

  • 漂白と陶材焼き付け冠(メタルボンド)によって審美修復をします。

  • 左:漂白
    右:陶材焼き付け冠(メタルボンド)

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンが、より審美的である理由は金属を用いていないため、
金属溶出等がなく長期経過においても歯肉の変色等が起こらないため審美性の維持が可能な点にあります。
もちろん金属アレルギーの方も安心です。

ポーセレンラミネートベニア

右のようなシェル(貝殻)状のセラミックスを接着して修復します。
当院の審美修復は人工的に見えないナチュラルな仕上がりをめざしています。


  •  

セラミック製のインレー

上段の模型のように削った部分にセラミック製のインレー(充填物)を合着しています。
前後の金属製の充填物(つめもの)と比べると審美性の差は歴然としています。
しかし、歯の場所やかみ合わせの状態によっては通常のセラミックスでは強度が不足する場合があります。
そのような場合にはジルコニアを用います。

PageTop